« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

何気に

風邪ひいてるような、ひいてないような
三十路半ばにして四十肩のような、違うような
微妙な体調の今日この頃ですが
来月に向けてのリハ週間。頑張っております。。

そんな中、休憩で立ち寄ったトイレで(またか)、
気になるお言葉。。
「あー、ポジティブで勇気が出る言葉だなあ」と
思ったのもつかの間…
単純にこぼすなよ、って事なのねん。

Mae

12月のスケジュールですー。

YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2006 "真赤な誓い"

■12月10日(日) 大阪 BANANA HALL
開場:17:00 開演:18:00 
前売:¥4,500 当日:¥5,000 (税込、ドリンク代\500別必要)

■12月15日(金) 名古屋 ell FITSALL
開場:18:00 開演:19:00 
前売:¥4,500 当日:¥5,000 (税込、ドリンク代\500別必要)

■12月29日(金) 池袋 シアターグリーン[BIG TREE THEATER]
開場:18:00 開演:18:30 
前売:¥4,800 当日:¥5,300 (税込)

■12月30日(土) 池袋 シアターグリーン[BIG TREE THEATER]
開場:16:00 開演:16:30 
前売:¥4,800 当日:¥5,300 (税込)

※29日、30日はSOLD OUT!

販売 ローソン、ぴあ

[お問合せ] スリーナインエンタテインメント
TEL:03-3770-1919(土日祝を除く11:00~18:00)


N.U.ごあいさつツアー「金沢で逢いましょう」

■12月9日(土) 金沢AZ
開場:18:30 開演:19:00 
前売:¥2,500 当日:¥3,000 (税込、ドリンク代別)

N.U.「6年目もイヴイヴでGO!」

■12月23日(土) 新横浜ベルズ
開場:18:00 開演:19:00 
前売:¥2,500 当日:¥3,000 (税込、ドリンク代別)

※23日はSOLD OUT!

販売 ローソン 他プレイガイド

[お問合せ] ダブルフューチャーTEL:045-439-7337


withbis「HEAVY DRIVE」特別編

■12月25日(月) 高円寺ShowBoat
開場:18:00 開演:19:00 
前売:¥2,000 当日:¥2,300 (税込、ドリンク代別)
出演/hedonic nerve/with bis etc

[お問合せ] 高円寺ShowBoat TEL:03-3337-5745


FarEastNative《 HEART BEAT LIVE 2006~平和大合唱~ 》

■12月28日(木)関内7th AVENUE
開場:17:30 開演:18:00 
前売:¥1,800 当日:¥2,000 (税込、ドリンク代別)
出演/FAR EAST NATIVE [GUEST] 秋山三千生
メリハリ/THE HUMAN SPIRITS/ジェニュイン

[お問合せ] 関内7th AVENUE TEL:045-641-2484

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そんでもって

22日は「てつろう Winter Concert 2006」に参加させて頂きました。
彼の毎年恒例のホールコンサートは今年も大盛況。
いつも思うけど、この規模のイベントを毎年、
それもほとんど個人の仕切りで続けるってホント大変。
てつろう氏の才能はもちろん、その努力と
まわりの協力者の方々の動きには頭が下がります。。
(特にケータリングの美味しい手作り料理達がステキ)
また、Bandバージョンは久しぶりでしたが
個人的にも楽しめたし、色々収穫の多いステージでした!

写真は本番前に立ち寄った楽屋側トイレにて
こいつで一気に気がゆるんだ…
俺的ツボ。

Tole

トレパーって。。。
無理やり略さなくてもいいじゃんか…

で、久々の地元打ち上げでグデングデンに
なりたかったのを程々におさえて、翌日はレコーディング。

これまたとっても久しぶりにお会いする
水越けいこさんのミニアルバムのベーシック録り。
ハミングバード時代にずいぶんお世話になった
ベースの六川氏をはじめ、諸先輩ミュージシャンの方々と
ライブレコーディングのような雰囲気で演らせて頂きました。

最近は仮ドラムからの差し替え、のような
ドラムレコーディングが多いので
みんなで「せーのっ」ってのはホントにワクワクするっすね。
一人だけ間違えたらヤバイっちゅー緊張感もたまらん!(マゾ)

Rec2_1

おかげでいい感じのテイクが録れたと思いますです。
出来上がりが楽しみ。。

で、今回のような録音で改めて感じるけど
まあ今回もコンピュータで録ってるわけですが
これはとても偉大な技術の進歩で様々な恩恵がありますが、
アナログマルチでスタジオライブレコーディングっていう環境は
いろんなモノを育てたんだなぁ、って事。。
一体、便利の先にあるものって何なんだろうね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようじ

えっと、マラソンの翌日は案の定、「C-3PO」のような
歩き方になっておりましたとさ。。。

それはさておき、
先日入ったレストラン、しこたま肉を食らった後
シーハーしようと爪楊枝を探したところ、
ご丁寧にひとつずつ包装されたヤツを発見。
で、取り出してみるとこんなんでした。。

Youi

「ほう、両側いけるのか…」と関心したのもつかの間、
よく見ると片方の先っちょが緑色。。。
そしてなにも考えずに緑の方を歯と歯の間へ。
すると、口の中に広がるミントと木の香り…
「うえっ、気持ち悪い!」

考えてみれば針の先に塗るものといえば
「毒」に決まってます。うん、そうだそうだ。
暗殺者の吹き矢とか狩猟用の槍とか。。。
毒針。
そんな物を無防備に口にいれるなんて、、、
ふー、我ながら平和ボケだな。
いかんいかん。
ゴルゴなら緑側は避けるな。。

つーか、あまりにも不毛な話なんで告知!

「てつろう」一年の集大成!良い曲沢山あります!

 てつろう Winter Concert 2006
 11月22日(水)
 湘南台文化センター市民シアター
 一般\3000 中学生\1000(前売り、当日券共)
 会場18時 開演19時

 チケットお問い合わせ
 070-5466-2971(フォレスタ・ミュージック)
 (交)小田急江ノ島線、相鉄いずみ野線、横浜市営地下鉄
 「湘南台駅」東口徒歩5分

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マラソン!

今日は横浜マラソン10Kmの部に出場してきました!
時間かかったけど、何とか完走。
絶対完走できないだろと思ってたので、やっぱり嬉しい。
なにしろ腰痛持ちなもんで、トレーニングでは5Km未満しか
走れなかったし、今月に入ってからはスケジュールの都合で
一度も走っていなかったので、
何キロぐらいまでもつかってなって感じだったんだけど。。

まあ、事の発端はN.U.さん達の突拍子もない企画に
巻き込まれたって訳なんですが、終わってみれば何だか気分爽快!
健康にも良いし、今では感謝感謝でございますです。Thank You!
それに沿道に詰め掛けたN.U.ファンの子達の声援で、
こっちも引くに引けなくなり、そのおかげで完走出来たって噂もありかも。。
これまた寒い中ありがとー。

とりあえず明日以降の筋肉痛が恐ろしいですが、
この機会に腹筋背筋を強化して腰痛を治し、
来年は一時間以内を狙いたいと、思っちゃってるんですけど…

えー、ひとまず今回携わった皆様、お疲れちゃーん!

Yokohama

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めっきり寒い。

で、久々更新。
なにしろ怒涛の2週間でありまして、
そんな中、メインのPCのハードディスクが昇天されまして
HDの換装にOSの再インストールと、もうてんやわんや。。
なんとかデータのリカバリーは出来たものの、
設定のやり直しとかメンドクセー。やっぱ日頃のバックアップが大切ね。
でもリセットって気持ちイイッ!

あっ、そんな事より台湾でLIVEでした!
台湾のオーディエンスの署名で実現した
「福山芳樹BAND LIVE IN台湾」。
なんでも、発売30分で600枚のチケットはソールドアウトだったらしく
当日もその熱気たるや凄まじく、
あんな会場の一体感は初めて味わったっす。
ほんと、パワフルでフレンドリーで
晴らしいオーディエンスで感動でした。
つーか、台北の街自体がエネルギーに溢れていて刺激的。

でもって、ありがたい事に行程の都合で一日観光ができたので
「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったと言われる「九分」や
世界一高いビルの「TAIPEI 101」や
夜中まで活気溢れる「士林夜市」など
普通に観光客でした。。あー楽しかった。

Kyufen

101_1

Yoichi2

そーいや11月だというのに毎日半袖一枚でオッケーだったし
美味しいマンゴーカキ氷とか食べちゃったし、
湿度のせいかお肌の調子がよかったりしたし、
やっぱり南国なんだなーと妙に納得。
あとは臭豆腐と八角の匂いにさえ慣れれば、
いつでもまた行きたいなあ。

そういえば今回使ったライヴハウスのドラムが
金ラメの「DIXON」。。。初めて聴く名前。。
ネットでもあんまり情報がない。
メイプルかな?物は悪くなかったけど、ウーン、気になる。

Dixon

くーっ!その前のseemaのライヴ2daysや
昨日のwithbisライヴの事とかも書きたかったなあ。。
筆不精すんません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »