« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

人生初

二泊三日で北海道行って来ました!非仕事っす。
一応、函館大沼プリンスホテルで行われた
とあるイベントに便乗するため、という理由はあったんす。
で、あろうことか、そこで人生初スキーも体験してしまいました。
今まで「ウィンタースポーツとは無縁な男」を売りにしていただけに、
このチョイスは自分でも些か無謀かと思われたのですが
まさにそのとおりな結末が。。。

行程の二日目は一日中フリー、その日は朝から
プリンスホテルと提携している函館七飯スキー場へ。
完全初心者だし、同行者の方々の手を煩わすのも気が引けるし
A型だし、ってことで午前中はレッスンを受けることに。。
が、初めは軽い気持ちで申し込んだものの、
いざレッスンが始まって気付いたら、
受講者は俺と6~7歳ぐらいの女の子の二人だけ。。。ガーン!
今さら人目を気にしても始まらないんだけれども。。。ね。

lift

写真にちっこく写っているのはレッスン仲間…

そしてレッスン内容はひたすらボーゲン、ボーゲン、またボーゲン。
今まで経験したことの無い開脚内股の連続っぷりに、
予想通り、(また腰痛ネタで大変申し訳ないが)
腰に爆弾を抱えた哀れな男の証である、坐骨神経痛がちらほら。
気温約零℃にもかかわらず汗だくになりながら、なんとかレッスン終了。
緩やか~な斜面をなんとな~く滑れてるぐらいになったのです。
まあぶっちゃけ、チビッコのほうが上達してましたが…チッ。

昼、レッスン終了とはぼ同時に雨。
午後からどうしようか?という問題が出たが
とりあえず皆で昼食のためロッジへ。
前日に無事終了したイベントの流れで、大沼プリンスホテルと
七飯スキー場の総支配人さんとお昼を御一緒することになり
色々と配慮して頂いたりして、ちょっとしたVIP待遇。
いつのまにか午前中の寂しい気持ちも何処へやら。至福のひと時。

そして数時間、まだ雨は降り続いていたけれど皆の目的はスキー。
あと一本だけ滑ってホテルに帰ろう、という事に。
そして「せっかくだから一緒に」という言葉につられて。。。

気が付くとリフトではなくゴンドラに乗って標高920mの山頂付近。
軽く吹雪いたりしてましたが、その時はまだ状況が飲み込めず
なんとかなるだろうと思い滑ってはみたものの…
レッスンコースとは傾斜角度も雰囲気も全然違っていて(あたりまえだ)
思うように進めず、気が付けば約一時間半。
100回ぐらい転んだかも。
スキー板も何回外れたことか。
腰をかばいながらなので、疲労度さらに倍。
その時点でコースの半分ぐらい。
だんだん空も暗くなってきたので
もうあきらめて歩いて降りようかと弱々になっていた所
赤いサイレンを回したスノーモービルが!
なんと総支配人さんに頼まれたらしく、
なかなか戻ってこない自分を探しに来てくれたそうです。
プチ遭難かいっ!

で、スノーモービルは二人乗りでコースを下るのは危険らしく
また再び山頂まで上っていく事に。
そこからゴンドラで降りれるように、すでに終了している
ゴンドラを運転再開してくれていて…
さらに、帰りはホテルとスキー場を往復しているバスではなくて
ホテルから車を呼んでくれていて…
車中でも支配人さんは終始体調を心配してくれていて…
しかも広大なホテルの敷地を車で案内までしてくれて…
その他書ききれないぐらいのお心使い。
もうイイ人すぎっ!!

スキー初体験で山頂へ行ってしまうドアホな男に対して
いくらイベント関係者だからといったって、ここまでケアして頂いて。
もう情けないやら、申し訳ないやら…
ホント函館方面に足を向けて寝られませんっす!

体は筋肉痛だらけになったけど、人の人情に触れた良い旅になったっす。
そして函館大沼プリンスホテルは素晴らしい人格者がトップに立っている
とっても素敵なホテルでした!
あと、自分にウィンタースポーツのセンスが無いのもよーく分かった!

でもまたやる。。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

Breakdown

なんと!愛車のエンジンが焼きついてしまってエンジン丸ごと交換するはめに。。
壊れたのは高速道路上、雪の日の夜中3時。えー、そりゃ大変でしたよ。

新車で買って2年ちょっとなんだけど、走行距離はもう5万キロ超え。
最近、水温が不安定だったけどそのまま乗ってたのがマズかったかも。
ディーラーからの電話で「焼きついてるのでエンジン交換が必要です」と
言われた時は高額修理代が頭をよぎりクラ~っとなったけど、
「新車保障で無償修理です」との言葉にうっとり。
5万キロ走行後、エンジンが新品になって帰ってきました。
これからはもっと大事に乗ります。ハイ!

そんなこんなで、ここ2週間程ほとんど電車移動でした。
(coco、withBIS、N.U.のライブ等もありまして)
スネアとかペダルとか持って駅まで20分以上歩たりとかって、けっこう大変。
あと前もブログに書いたけど、やっぱり満員電車にげっそり。。
腰痛持ちには辛いのよ。
でも、おかげで3キロ痩せた!

うーん、やっぱ苦労すると良い事が待っているのね。
と、基本を再確認したりした今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

温故知新

そういえば最近ライブスケジュール載っけてないけど
ライブも色々やってるんですよ。また近々告知しますね。

で、やっぱりここんとこレコーディングが多いんだけど、
そのやり方もここ数年でずいぶん変化したもんだな~と思う。
もうコンピューターの無いスタジオってほとんど無いもんね。
昔は「ミックスダウンの本番でっす!」とか言ってエンジニアとメンバーで
それぞれ卓のフェーダー動かしたりして、
で、たまに「ゴメン!コーラス下げすぎた!」なんて事になると
最初からやり直しだったりして、そりゃもうイベント感バリバリだった。
目的のためならテープをカッターで切って貼り付けたりは当たり前だったし。
その後、フェーダーが自動で動くようになっただけでも感動出来た。
それが今や、ハードディスクに録音して家に持ち帰ってエディットして
それをWEB上で受け渡ししてその後はメールでやりとり、
次スタジオに行くときはiPodだけ持参、みたいな。ホント便利すぎ。

recorder

まあ、ソレが良いのか悪いのかはあまり深く考えないようにしてるけど、
たまにアナログのレコーダーで自分のドラムを録音してもらうと
俺ごときの素人耳でも音の質感が気持ち良く感じるもんっす。
徐々にスタジオでのアナログテープレコーダーの稼働率も増えてるらしいから
いいとこ取り出来る状況だったらそれがベストなんでしょうなあ。
なんだかんだで演奏者的には他にヤル事は山ほどあるしね~。。。

afrodog

そんな事より!なんと今の時代、
スタジオでの待ち時間でブログの更新率アップの為に
こんな事も出来ちゃいます。
エンジニア様、スマンッ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ああっ!

渋滞の先にある道路工事の看板みたいな
中途半端に丁寧な断り方しやがって。
結局消えるならスパっと落ちれ!

error

とかいいながらBLOGのネタ用に写真撮ってる自分が悲しいっぽい。。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »